電気が最初に灯されたのは銀座なんだって知ってた?


電気が最初に灯されたのは銀座なんだって知ってた?

普段何気なく利用している電気。昔は電気なんてなかったと思うと不思議な気持ちになりますね。電気で明かりが灯っていることなんて今となっては当たり前のことですが、昔は火を明かりとして使っていたものです。

そんな電気、電灯ですが、日本で初めて電気街灯が設置されたのは銀座であるということ、ご存知でしょうか。

太陽光発電 電気代

まず、明治11年3月25日、虎ノ門工部大学校の大ホールでアーク灯が灯されました。当時は発電所があるわけでもないですし、電線だって通っていません。バッテリーを使用して灯された明かりは長時間の点灯はできませんでしたが、初めて見るその明るさに、その場にいた人たちは驚き、そして感激したそうです。これが日本で初めて電灯が灯った日でした。

緊急情報|沖縄電力モバイルサイト

そして4年後の明治15年11月1日、銀座の街路にアーク灯が設置され、一般の人々の目に映ることになりました。日本最初の電気街灯は、この日銀座で灯されたアーク灯なのです。ちなみに、この時はバッテリーではなく発電機が使用されています。見た人々は「まるで昼間のようだ」と言っていたとか。大勢の人が毎日このアーク灯を見に訪れ、これを機に日本はどんどん電化の一途を辿っていくようになりました。

知って、気づいて、エネルギー・セービングな暮らし|| EICネット [エコライフガイド]

今では毎日の通勤に電車を使い、家は電化製品に溢れた生活を送っている現代人ですが、電気の始まりはこのようなものであったこと、知っている人はどれくらいいるでしょうか。当たり前であるもののルーツを探ってみると、それについての理解が増し、また違った目で見ることができそうですよね。