歯並びの良さって遺伝するものなのでしょうか


歯並びの良さって遺伝するものなのでしょうか

自分が子供を持つようになった時に、その容姿がどのようになるのか気になるものだと思います。その容姿のポイントとしてかなり重要な位置を占めているのは、歯並びではないでしょうか。親心としてはできるだけ子供の歯並びは良い状態であって欲しいと考えてしまうものですから、もし自分自身の歯並びが悪い場合、子供にもその歯並びが遺伝しないかとても気になることでしょう。

親知らず おやしらず いつ抜くか 抜歯 痛み 抜かないリスク 香川 高松 親不知

それでは、果たして歯並びの良さって遺伝するものなのでしょうか?その答えとしては、遺伝的な要素も少なからずあると言うことができます。基本的に歯はまっすぐと生えてこようとする性質を持ちますから、その生え方そのものに遺伝は関係ありません。ですから、両親の歯並びががどうであれ、同じような歯の並びに子供もなってしまうというのはまずありえないことです。しかし、少なからず遺伝的な要素があるというのは、歯並びにおいては歯の生え方だけではなく顎の大きさや顔の輪郭、そして歯そのものの大きさなども関係してくるからです。

港区 六本木 歯科 歯医者【西原研究所】人工歯根治療法科

仮に両親の顎が醤油顔のように細い場合、産まれてくる子供も同じような細い顎になったとすれば、生えてくるべき歯がその顎に綺麗におさまらない可能性があります。そうなれば、必然的に歯は歪んで生えてくるようになりますので、歯並びが悪くなってしまうのです。これと同様に、顎だけではなく輪郭が小さかった場合や歯のサイズが大きかった場合も、うまく顎全体に歯が収まりませんので歯並びは悪くなってしまうでしょう。



子供には確実に両親の顎部分や輪郭部分は遺伝して継承されていくものです。それゆえに、歯並びの良さというのは少なからず遺伝することが理解できると思います。