筋肉って奥が深いと思った出来事


筋肉って奥が深いと思った出来事

僕の父は、若いときにいわゆる「ぎっくり腰」になってしまい、一年に一度くらいの頻度で立ち上がれないくらいの痛みに襲われ、その都度寝込んでしまいます。どうも僕がまだ幼稚園だったころに、父兄参加の綱引きで張り切り過ぎたのが原因らしいのですが、その「痛さの程度」については、まだ高校生の僕には正直分かりません。
長い間、このように父は時折襲ってくる腰痛に悩まされていたようなのですが、最近になって、それが少しずつ改善されてきた様子です。

iPS細胞を利用した移植:拒絶反応なく定着

何でも、会社で自分と同じようにぎっくり腰に悩まされていた同僚がいるらしいのですが、その人から「腰の周辺の筋肉を鍛えて、それで体を支えるようにすれば、ずいぶん痛みが減る」と聞いたらしく、その方法を実際に試してみたとか。道理でここ半年ほど、ずいぶん腹筋と背筋の運動をやってるなぁと思っていたわけですが、父のその努力はちゃんと効果を発揮した様子です。

プロテイン おすすめ

ちなみに、父が毎日仕事から帰って寝る前にこなしていたメニューは、腹筋50回×3セットと背筋50回×3セットで、何でもこれらを均等に鍛えることで、腰を支える力にすることが出来るとのことです。

池田 真行

僕はそれを聞きながら、「一口に筋肉と言っても、すいぶん奥が深いんだな」と思いました。そして、もしも自分も父くらいの年齢になって腰を痛めてしまったら、これは参考に出来るかもしれないと感じたのでした。